2010年06月03日

28歳の男女に聞く、異性に対し“イラッ”とくること(Business Media 誠)

 あなたは30代になりたいですか? 現在28歳の人に聞いたところ、81%の人が「なりたくない」と答えていることが、NECカシオモバイルコミュニケーションズの調査で分かった。30代になりたくない理由として「若いままでいたい」「年はとりたくない」といったものが多かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 また大人の条件は何だと思いますか、と聞いたところ「気配りができる」(80%)と答えた人がトップ。このほか「決断力がある」(56%)、「お金がある」「自信がある」(いずれも40%)と続いた。

●世代の特徴

 自分の世代の特徴は何ですか? この質問に対し「慎重に行動する」(35%)と答えた人が最も多く、次いで「直感で動く」(33%)、「行動的である」(24%)、「理論的である」(17%)という結果に。男女別で見てみると、男性のトップは「慎重に行動する」、女性は「直感で動く」だった。「直感で動く」と答えた人に、その理由を聞いたところ「経験が浅いので、感情で行動する人が多い」「若いので感覚を信じられる」といった意見が目立った。「慎重に行動する」という人からは「昔よりガツガツしたエネルギーがない世代」「リスクを減らす」という声があった。

 異性の決断が遅くて、イラッとすることは何だろうか。女性の45%は「男性がレストランでメニューを決めるとき」と回答。レストランでの「男性の決断の遅さ」にイラッとしている女性は多いようだが、一方で男性側の同様の回答は20%にとどまった。逆に男性がイラッとすることは「女性がショッピングで買う服を決めるとき」(41%)と答えた人が多かった。

 インターネットによる調査で、28歳の男女500人が回答した。調査期間は4月30日から5月6日まで。

【関連記事】
彼女・奥さんと同じベッドで寝ていますか?
こうすれば合コンで彼女ができる? 注意点は2つだけ(前編)
合コンでモテる人の部屋には「○○」がある
上司や部下にされて、つい「イラッ」とすることは?

4歳男児に虐待容疑、義父を逮捕=奈良県警(時事通信)
口蹄疫 赤松農相が5月30日に2度目の宮崎入りへ (毎日新聞)
植物工場は農業の救世主になれるか?(産経新聞)
出生率は前年並み1.37=4年ぶりに上昇止まる―厚労省(時事通信)
皮膚などから肝臓の幹細胞=体外で大量培養可能に―世界初・国立がんセンター(時事通信)
posted by トヨタ トシオ at 21:24| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。