2010年01月30日

「ふるさと牧場」社長に懲役12年=和牛商法詐欺−東京地裁(時事通信)

 和牛オーナーになれば高配当が得られるとうそを言って、出資者から金をだまし取ったとして、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)罪に問われた和牛預託商法の「ふるさと牧場」(東京都港区)社長相田勇次被告(79)の判決が27日、東京地裁であり、藤井敏明裁判長は懲役12年(求刑懲役15年)を言い渡した。
 相田被告はだます意図はなかったとして無罪を主張していた。
 事件ではほかに5人が起訴され、一審ではいずれも懲役3年6月〜2年の実刑判決が言い渡されている。 

【関連ニュース】
賭博店から派遣料収受=容疑で組長ら逮捕

<建造物等損壊容疑>壁をけって壊す 千葉県の室長を逮捕(毎日新聞)
検察官が操作ミス、被害者写真をモニターに表示(読売新聞)
外国人参政権 赤松氏「『公約だ』は個人の約束」(産経新聞)
普天間移設争点、名護市長選が24日投票(読売新聞)
彬子さまが博士号取得(時事通信)
posted by トヨタ トシオ at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。