2010年04月05日

<ハイチ大地震>また笑顔で筆を 愛知・岡崎で絵画展開催へ(毎日新聞)

 1月に大地震に見舞われたハイチの絵画の素晴らしさを伝える「ハイチの素朴な絵画展」が24日から、愛知県岡崎市のおかざき世界子ども美術博物館で開かれる。「ハイチが復興し、人々がもう一度、笑顔で絵画を描くようになってほしい」と願い、同館で92年に展示したハイチの絵画約70点を再び紹介する。【中村宰和】

 ハイチの絵画は鮮やかな色遣いで、子供のような感性でモチーフをとらえ、素朴なタッチで描く。展示する「ジャングル」は動物の表情を可愛く、ユーモラスに表現している。

 同館は、子供対象の美術博物館として85年に開館した。ハイチの絵が子供にも分かりやすいことに注目し、92年にハイチ絵画展を開いた。当時、ハイチの絵は国内であまり知られておらず、初めて鑑賞した人から「明るい絵で見ていて楽しくなる」と好評だった。同館は「大地震で初めてハイチを知った人も少なくない。平和だったころの作品を再び紹介し、絵を通してハイチを知る機会になってほしい」と話している。

 開幕セレモニーにはハイチのジャン・クロード・ボード駐日代理大使が出席する。5月30日までの期間中、会場に募金箱を置き、大地震の報告会やチャリティーイベントを開催する。募金やイベントの収益はハイチ大使館を通して、現地の絵画や芸術の救援に役立てられる。

 絵画展に向け、ユニセフ親善大使の黒柳徹子さんは「ハイチの人々のように明るくおおらかで楽しく、繊細な絵画を多くの人に知ってほしい」とメッセージを寄せた。

【関連ニュース】
ユネスコ:耐震補強法を世界で共有 情報網を構築
無人偵察機:実物大模型を日本初公開 東京・大田の展示場
ハイチ地震:PKO20人が帰国
ハイチ大地震:防衛省技官が耐震判断 3人、陸自に同行
ハイチ大地震:3000万ドル追加支援を表明 岡田外相

レイテ沖海戦“謎のUターン” 栗田中将の名誉回復を 最後の兵学校生徒が著書(産経新聞)
子ども手当 外国人タレントから疑問続々「母国に子供いてラッキー」(産経新聞)
北九州の社長遺体遺棄、容疑の元従業員逮捕(読売新聞)
トヨタ叩き「風向き」変化? 急加速「証言矛盾」に「不適切編集」
千葉佐那 ドラマで注目、龍馬慕ういちずさに墓参者急増(毎日新聞)
posted by トヨタ トシオ at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。